結婚記念日には、記念日らしい花言葉のある花を贈ったり、家に飾っておくと、より一層幸せになれます。

結婚記念日らしい花は、赤いバラといわれています。

スポンサーリンク

赤いバラの花言葉は、愛情 や 情熱

赤いバラの花言葉は、愛情や情熱です。したがって、結婚記念日には最もふさわしい花となります。
赤いバラは多くの花屋さんで、季節を問わずに購入することが可能です。覚えておくと役に立ちます。

ピンクのバラは、温かい愛や愛が花言葉

バラは花の色によって、花言葉が違ってきます。たとえば、ピンクのバラは、温かい愛や愛が花言葉となります。赤いバラのような情熱をあらわ花言葉が少し恥ずかしい場合には、ピンクのバラが向いています。温かい家庭を、これから先も築いていけるような思いをこめて、相手に贈ったり、自宅に飾っておくと、結婚記念日のほのぼのとした幸せな感じを表現することが出来ます。

スポンサーリンク

ガーベラは希望、前進 が花言葉

ガーベラの花言葉は希望、前進です。

前向きな印象の花言葉なので、いろいろな場面に合い重宝されています。

カーネーションは、純粋な愛 が花言葉

カーネーションの花言葉は、純粋な愛 です。

母の日のプレゼントとして定番となっていますね。

カーネーションの花言葉は「純粋な愛」ということで、母の日以外でも結婚記念日などの愛情を表現する意味でいろいろな場面で活用できます。

記念日に花言葉を話題に愛情や絆を話してみては?

男性の場合には、花言葉についてよく理解していない人達が多くいます。

バラの花の花言葉を話しながら、相手を思いやる気持ちや愛について、語り合うことも記念日らしい過ごし方となります。

花があることで、伝えにくいこともすんなりと言えるようになります。
本人達の結婚記念日ばかりではなく、両親の結婚記念日などにも、花束を贈ると喜ばれます。年齢を重ねた両親達には、花をお互いに贈る習慣がない場合が多くなっています。

したがって、子供達で気を利かせてプレゼントをするようにします。
長い年数を通じて、支え合ってきた両親の思いや愛情の深さは、バラのような花言葉のある花を選び、贈ることで、理解をし、お祝いをします。

花のもつ意味を伝えることで、なお一層絆が強くなり、よい思い出となりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事