マリオかな?イタリアの国家「デージー」かっちょいい由来がそこにはある!

デージーといえば?

マリオですよね?スマブラをやるとピーチと混同するあのデージーです。カラーじゃなかったら髪の色で見分けられなくてクッパもさらう相手間違えるんじゃなかろうか・・

そんなマリオっぽい名前の花を国花とするユニーク?な国があるんです。

そこはイタリア!ナンパの国!!

 

そもそもデージー(Daisy)は、花の一種であり、イタリアとデージーの関係性は一般的な花と国の関連性に基づいています。デージーは観賞用や庭園、花壇に植えられ、その美しい花姿が広く愛されています。イタリアとデージーの関連性にはいくつかの側面があります。

  1. 文化的な象徴:
    • デージーは一般に純潔、清純、純愛などの象徴とされています。これは花の白い花びらと黄色い芯の清らかな姿勢から派生しています。このような花言葉や象徴性は、イタリア文化においても一般的な価値観と関連している可能性があります。
  2. 庭園や風景デザイン:
    • デージーは庭園や風景デザインにおいても頻繁に使用されます。イタリアの庭園や公共の場所でデージーが植えられ、美しい花のアクセントとして機能することがあります。
  3. 花卉の人気:
    • デージーは一般的に花卉として非常に人気があり、その美しい姿勢や花言葉からインスパイアを得て、庭園や花壇で育てられています。イタリアでも庭園や公共の場で、デージーが見られることがあります。
  4. 花を通じた文学やアート:
    • デージーは文学やアートの中でしばしば登場し、詩や絵画などにおいて感情や美を表現する要素として使われています。イタリアの文学やアートにおいても、デージーが特定の作品や表現の中で見られることがあります。

このように、デージーは花としての美しさや象徴性から広く愛され、イタリアでもその魅力が表れている可能性があります。

国花の理由

イタリアの国花がデージー(日本だとヒナギクとかいわれていますぜ)となった理由は、19世紀の王妃の名前(マルゲリータ・マリア・テレーザ・ジョヴァンナ)に敬愛を込めたためといわれているそうです。別のサイトで見たんですけどね(笑)

また、デージーはイタリア語で「マーガリータ」(Margherita)と呼ばれます。これは花の名前だけでなく、女性の名前としても一般的です。デージーが「マーガリータ」と呼ばれることは、その白い花びらと黄色い芯が、イタリアの国旗の配色(緑、白、赤)に似ているためとされています。

ピザみたいな名前なんです。

イタリアにはケッチャプ香りそうな女性がたくさんいるということです👓

マルゲリータ?ケッチャラー必見!!ピザはここから買えます!

マルゲリータピザの名前の由来
「マルゲリータ・ピッツァ」はマルゲリータ女王に因んで名付けられたピッツァのことを指します。これはトマト、モッツァレラチーズ、バジルを使ったシンプルで美味しいピッツァで、イタリアの国旗の色(トマトの赤、モッツァレラの白、バジルの緑)にもなぞらえられています。



デージーやん・・(笑)

デージーの活用方法。薬や食用、ハーブティなんかになるんやで

デージーは観賞用の花であると同時に、食用や薬草としても利用されることがあります。以下に、デージーの一般的な活用方法をいくつか挙げてみます:

  1. 観賞用:
    • デージーはその美しい花姿から観賞用に栽培されます。庭園や花壇、鉢植えなどで栽培され、花壇や景観のアクセントとして楽しまれます。
  2. 食用:
    • デージーの花や葉は食用とされ、サラダやデザート、飲み物の飾り付けに使われることがあります。花びらはサラダに彩りを添えたり、デザートに飾り付けたりされることがあります。
  3. 薬用:
    • デージーには伝統的に薬用とされる要素が含まれています。例えば、抗炎症作用や鎮静作用が期待され、一部の伝統的な薬草として利用されています。ただし、医療の専門家に相談することが重要です。
  4. アロマセラピー:
    • デージーの花から抽出されるエッセンシャルオイルは、アロマセラピーに使用されることがあります。リラックスやストレス緩和のために使われることがあります。
  5. ハーブティー:
    • デージーの花や葉を使用したハーブティーが作られることがあります。これは、穏やかな香りと風味を楽しむために飲まれます。

デージーの利用方法は地域や文化によって異なり、食用や薬草としての利用は慎重に行うべきです。また、食用として使用する場合は、農薬や化学物質を避けて有機的に育てられたものを選ぶことが重要です。

デージーの薬効

デージーは伝統的に薬用とされ、以下に示すようないくつかの薬効が報告されています。ただし、これらの情報は一般的な参考情報であり、医療の専門家に相談することが重要です。また、デージーを利用する際には注意が必要であり、適切な形で使用することが重要です。

  1. 抗炎症作用:
    • デージーには抗炎症作用があるとされ、関節炎や関節の腫れ、痛みなどに対して一部で利用されています。
  2. 鎮静作用:
    • デージーの花から抽出されるエッセンシャルオイルは、鎮静作用があるとされ、リラックスやストレス緩和のためにアロマセラピーに使用されることがあります。
  3. 消炎作用:
    • デージーは傷口やかぶれなどの炎症に対して消炎作用があるとされ、外用薬として使われることがあります。
  4. 抗菌作用:
    • デージーには一部の抗菌作用があるとされ、皮膚の問題や感染症の緩和に対して利用されることがあります。
  5. 風邪や咳への利用:
    • デージーは風邪や咳に対する伝統的な薬としても使われてきました。喉の炎症を和らげたり、呼吸器系の問題に対処するために使用されることがあります。

デージーの薬効は一般的なものであり、科学的な研究が進行中です。ただし、個々の健康状態に応じて利用する前に、医師や専門家と相談することが大切です。また、デージーを利用する場合、正確で安全な方法で使用するために専門の指導を受けることも重要です。

デージーのおいしい食べ方(ステーキにはならんで)

デージーは食用として利用され、その独特な花の香りと風味を楽しむことができます。以下に、デージーのおいしい食べ方のいくつかを紹介します:

サラダ:

デージーの花びらをサラダに加えると、見た目にも鮮やかで美しい彩りが生まれます。新鮮なデージーの花びらは爽やかで軽い風味を持ち、サラダに爽やかなアクセントを加えます。
デザートの飾り付け:

デージーの花びらはデザートやケーキの飾り付けに使うことができます。甘いデザートとのコントラストが美味しさを引き立てます。
ジャムやジュレ:

デージーの花びらを使ってジャムやジュレを作ることができます。花の香りがジャムに広がり、特別な味わいを楽しむことができます。
ハーブティー:

デージーの花や葉を使用してハーブティーを作ることができます。独特の風味とリラックス効果があり、暖かい季節にはアイスティーとしても楽しめます。
シロップや飲み物:

デージーの花を使ってシロップや飲み物を作ることができます。シロップは、ドリンクやカクテル、フルーツサラダにかけるなど様々な用途で使えます。
チーズとの組み合わせ:

デージーの花びらをチーズと一緒に食べることもおすすめです。チーズプレートにデージーの花を添えると、風味が広がります。
注意点として、デージーを食べる際には農薬や化学物質を避け、食用に適したものを選ぶことが大切です。

【ふるさと納税】【4等級以上】【緊急支援対象品】極上近江牛サーロインステーキ 800g (200g×4枚) A4/A5 国産 牛肉 霜降り ブランド牛 日本三大和牛 キャンプ アウトドア 贈り物 ギフト にも 冷凍 送料無料 訳あり
おいしいいいいいいステーキ
うまいステーキ。極上の肉を食べれば幸せ!

デージーの生育方法や病害虫対策

デージーは一般的に丈夫で育てやすい植物です。以下に、デージーの生育方法と一般的な病害虫対策を紹介します。

デージーの生育方法:

  1. 植え付け場所:
    • デージーは日当たりが良く、風通しの良い場所を好みます。適度な日光を浴びることで良い花付きが期待できます。
  2. 土壌:
    • 良く排水されることが重要です。肥沃で中性からややアルカリ性の土壌が適しています。
  3. 植え付け時期:
    • 春または秋が適しています。春に植える場合は最終の霜が過ぎた後、秋に植える場合は成長が始まる前に行います。
  4. 水やり:
    • 適度な水を与え、土壌が乾燥しないように保ちます。特に夏場は十分な水分を確保することが重要です。
  5. 肥料:
    • 成長期に液体肥料を与えると、花付きが良くなります。適切な栄養分を提供することで健康的に育ちます。
  6. 剪定:
    • 花が終わった後に古い花を摘み取り、新しい花を促進します。秋には植物全体を少し刈り詰めると、冬に備えることができます。

病害虫対策:

  1. うどんこ病への注意:
    • 過湿気になることを避け、植物同士の間隔を保つことで、うどんこ病の発生を予防できます。
  2. カメムシやアブラムシへの対策:
    • 定期的に植物を観察し、害虫が発見された場合は早期に対処します。天敵を活用することも効果的です。
  3. 根腐れへの対策:
    • 過湿気にならないように十分な排水を確保し、適切な植えつけと水やりを行います。
  4. 防虫ネットの利用:
    • 特に花芽が発達する時期には防虫ネットを使用して、害虫の侵入を防ぐことができます。

デージーは一般的に丈夫な植物ですが、定期的なケアや注意が必要です。植物が健康であれば、病害虫の発生を最小限に抑えることができます。

デージーの花言葉と由来、好きで好きな愛する人に贈るべし!

デージーの花言葉は「純潔」や「清純」など、清らかな感情や純粋な愛情を象徴しています。この花言葉は、デージーの白い花びらと黄色い中心部が清らかであり、純潔な心を表していることに由来しています。デージーはまた、無垢で素朴な美しさを象徴し、そのための言葉として「純真な愛」や「清らかな心」も関連しています。

由来としては、デージーはギリシャ語の「day's eye」(日の目)に由来しています。これは、デージーが太陽の光を浴びて花開く様子を表現しています。また、キリスト教の伝承では、聖母マリアが涙を流した際にデージーが咲いたという伝説があり、これも花言葉に影響を与えています。

総じて、デージーの花言葉は清らかで純粋な感情、愛情、そして希望というポジティブな意味合いが強いです。
デージーの贈り物はここから購入できます。

デージーの特徴と基本情報

デージー(Daisy)は小さな花であり、一般的には白い花びらと黄色い中心部を持つ姿が特徴的です。以下にデージーの基本的な特徴や情報を挙げてみましょう:

  1. 学名: Bellis perennis
  2. 花の形状: デージーの花は円形で、中心に黄色い円形の花才(つぼみ)があり、その周りを白い舌状の花びらが取り囲んでいます。
  3. 草丈: 通常は10~15センチメートル程度ですが、条件によってはそれ以上の高さに成長することもあります。
  4. 葉の形: 葉は小さく、丸い形をしており、対生しています。
  5. 生育地: 主に草地や庭、道端などに自生することがあります。世界中の多くの地域で見られる普遍的な植物です。
  6. 開花期: 通常は春から初夏にかけて咲きますが、気候や生育環境によっては年間を通じて咲くこともあります。

デージーは一般的に庭園や花壇で観賞用に栽培され、その清らかな花姿が人気を集めています。また、草地や野原にも野生で自生することがあり、その姿は自然の一部として楽しまれています。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事