デイジー(雛菊・ヒナギク)の花言葉

 

デイジー(雛菊・ヒナギク)の花言葉は「平和」「希望」「無邪気」「無意識」です。

デイジー(雛菊・ヒナギク)の花言葉の由来は?

デイジーの花言葉の由来は、ヒナギク属の学名「Bellis(ベリス)」からだとされています。この「Bellis(ベリス)」はラテン語の「bellus(美しい)」が語源とされており、「美人」の花言葉の由来となったとされています。

 

他にも、デイジーの花言葉「希望」はデイジーが太陽の光が差してくると開花する性質から「希望」という名前が付けられました。

 

赤色のデイジーの花言葉

デイジーには花の色ごとに花言葉があります。

赤色の花色のデイジーは「無意識」です。

花言葉としての利用難易度は星4「☆★★★★」つの難易度です。何か問題が発生して落ち込んでいる友達に無意識になって俯瞰して物事を見たほうがいいと伝えたりするときに使えるでしょうか。

白色のデイジーの花言葉

白色のデイジーの花言葉は、「無邪気」です。

 

花言葉としての利用難易度は星3つ「☆☆★★★」というところでしょうか。子供が産まれた人や幼稚園などに勤めている人に向けてのプレゼントとして利用しやすそうですね。

 

黄色のデイジーの花言葉

黄色のデイジーの花言葉は「ありのまま」です。

この花言葉は、ありのままのあなたでも素敵ですという意味で使えるので、とても使いやすいい花言葉ですね。

花言葉の使用難易度は星2つ「☆☆☆★★」です。気になる人や大切な人に向け、積極的にプレゼントしていきたいですね。

 

紫色のデイジーの花言葉

紫色のデイジーの花言葉は「元気」「健やか」です。

入院中の人や体調が悪い人へのプレゼントとして使うといいですね。花言葉の使用難易度は星2つ「☆☆☆★★」です。

 

 

 

デイジー(雛菊・ヒナギク)の特徴

デイジーは朝に花が咲き、夜になると花を閉じるという性質があります。

日本へは明治初期に渡来し、小さくて可愛らしい菊と形容され、雛菊(ヒナギク)と名付けられました。

デイジーの背丈は20cmほどで花の大きさは2~3cmほどの小さくて可愛らしい花です。品種改良などで八重咲などのタイプの花ができました。

デイジーの開花時期は2~5月です。かなり長く花が咲く花です。花好きの方には便利な花ですね。また、花の色ごとに花言葉があるので好きな色の花を育ててみてください。

 

デイジーの育て方

デイジーは日当たりのいい場所を好む花です。初心者でも育てやすい花となっています。

デイジーの育成方法

 

生育用土:デイジーは、日当たりが良い場所をこのみ肥沃な土を好みます。ただ、環境適応性が強いので水はけがよい土であれば問題なく生育します。市販の培養土で充分に生育していきます。傾向としては、粘土質で少し粘り気のあるような土を好みます。マッチしている土だと茎が太く丈夫に育っていきます。

 

植え替え:デイジーは1年草であり、一度決めた場所から植え替える必要はありません。苗の植え付けは秋から冬にかけて行ってください。霜などの冬にも強い花ですが、心配であれば家の中で育ててあげてください。

 

水やり:デイジー自体は水がたっぷり必要となる元気な植物です。夏頃は顕著に表れていて、土の表面が乾いてきたらしっかりと水を与えてあげてください。水やりを忘れてしまうとシナシナになってしまうので気を付けてください。

 

かかりやすい病気や病害虫
デイジーはアブラムシの被害にあいやすい花となります。対策をしっかり立てて綺麗な花を咲かせましょう。アブラムシは新芽やつぼみに付きますので、見つけたらスプレーなどをして対処しましょう。

デイジーの基本情報

 

    1. 和名:雛菊(ヒナギク)
    2. 英語名:English daisy
    3. 学名:Bellis perennis
    4. 属性:キク科・ヒナギク属
    5. デイジーの時期:1年草
    6. 開花時期:2~5月
    7. 誕生花としてのデイジー:1月4日、1月27日、2月15日、3月6日
    8. 花の色:ピンク、赤、白、黄色、紫

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事