ガマズミの花

ガマズミの花言葉

ガマズミの花言葉は、私を無視しないで、結合、未来、恋の焦り、愛は強しです。

ガマズミ(莢蒾)の基本情報

ガマズミ(莢蒾)は、日本の山などでよく見られる落葉低木で、アジサイに似た感じの美しい花です。楕円型の大きな葉が2枚あり、秋には紅葉して楽しまれます。日本では、ヨウゾメ・ヨツズミなどと呼ばれることもあります。学名としては「ビバーナム」で、

    1. 英語名:Japanese bush cranberry
    2. 学名:Viburunum
    3. 属性:レンプクソウ科ガマズミ属
    4. 原産地:日本、朝鮮半島、中国
    5. ガマズミの開花時期:5月~6月ころ
    6. 誕生花としてのガマズミ:6月22日、11月24日、11月29日

ガマズミの赤い実

ガマズミの赤い実

ガマズミは、10月頃には赤く熟した小豆大の赤い実をつけます。

ガマズミの果実酒

ガマズミの実はよく果実酒や果実ソースなどにして味合われているようです。

Cpicon ガマズミ酒 by 福井のおじじ

ガマズミの名前の意味・由来

ガマズミの実は、噛むと甘いことに由来して「噛ま酢実」が訛ってガマズミという名前になったという説もあります。

ガマズミの紅葉

ガマズミの紅葉

ガマズミは10月、11月ごろから赤い実が熟するのとともに紅葉し、とてもきれいです。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事