ビバーナムティヌスの花言葉<Laurustinus> 私を見て

ビバーナムティヌスの花言葉

ビバーナムティヌスの花言葉は、私を見て です。

ビバーナムティヌスの基本情報

ビバーナムティヌスは、常緑低木で大きくても2m程度のため、庭木としてガーデニングで楽しまれることが多いです。ピンクのつぼみから白い花が咲きます。秋には写真のような青紫の実がつきます。

    1. 英語名:Laurustinus
    2. 属性:レンプクソウ科
    3. 原産地:地中海沿岸
    4. 出回り時期:周年

ティヌスの楽しめる時期

  1. ティヌスのピンクのつぼみの時期:3月~4月頃(季節は春)
  2. ティヌスの白い花の開花時期:5月~8月頃(季節は夏)
  3. ティヌスが青紫の実をつける時期:9月~10月頃(季節は秋)

ティヌスの剪定時期・剪定方法

ティヌスの枝を切る剪定は花が終わった時期(8月頃)に実施します。剪定は、枝の根元から落とすようにして、翌年も花を楽しめるように芽を残し、全体を透かすような剪定方法が良いでしょう。

ビバーナムティヌスの種類

ティヌスは、ビバーナムという植物の仲間で、種類は多岐にわたります。日本でも山野にみられるガマズミやオオデマリなども仲間の種類に含まれます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事