茄子の花(ナスの花)の花言葉

茄子の花(ナスの花)の花言葉は、葉の色合いか由来のものと食材由来のものがあります。ナスは夏の代表的な野菜であり、国民生活に欠かせないものです。そのため、食材由来の花言葉も花由来の花言葉もどちらも身近で前向きなものとなっています。

食材由来のナスの花言葉

食材由来のナスの花言葉は、良い語らい・希望、です。

その由来として、庶民の生活に欠かせないものであり食卓を家族で囲み語らい合うことから「良い語らい」と言われるようになったとのことです。また、花が咲いてその後実ができていくということから成長していくことへの「希望」として花言葉が付けられるようになったそうです。

花由来のナスの花言葉

花由来のナスの花言葉は、優美、です。

花としてのナスの花言葉の由来は、うつむき加減に咲く優しい色合いを持つ紫色の花の印象によって「優美」と名付けられました。

茄子(ナス)の特徴

ナスは、インドからやってきた植物で熱帯地域では多年草、日本を含む温帯地域では1年草として親しまれてきています。

成長したナスは高さ60~100cmと大きく成長します。夏から秋ごろ6月から9月ほどまで紫色の優雅な花を咲かせます。一つの花柄から複数の花が咲いたとしても実は一つしかできないのも特徴です。

ナスは夏の野菜として親しまれているように寒さや乾燥に弱いという性質を持っています。また、日当たりが良くたくさんの水を必要とすることから梅雨があり日もたくさんあたる日本は生育にちょうどいいのでしょうね。

ナスの使い道

ナスは、食材としての使われ方以外にも日本ではお盆に使われることがあります。

それはお彼岸でよく使われています。ナスのお馬さんですね。これは、お盆に先祖が返ってきた際にキュウリの馬に乗って早く帰ってきてもらえるように、そしてナスの馬を使ってゆっくりと天国に帰れるようにという意味があります。日本の良き伝統ですね。

ナスの美味しい食べ方は?

ナスは、普段の生活でいろいろな料理に使われ食卓を彩る野菜です。ナスは美味しいだけでなく、ポリフェノールが含まれているのでおいしく健康にそして若返りも期待できる食材です。それでは夏のナスもそして秋のナスも楽しむために美味しい料理方法を見ていきましょう。

一つ目はナスの定番料理。ナスのおひたし!しょうゆをつけて食べると夏を感じますね。

二つ目はナスの揚げ出し。ほんのりあまじょっぱいタレとナスは最強ですよね。

三つ目は麻婆ナス。ピリッとした辛みがナスのしんなりとしたくちどけと合わさり美味しいですよね。

四つ目はナスとピーマンの炒め物。これも食欲をそそる一品です。

他にも、ナスの料理は沢山あります。ナスを余すことなく使ってナスの花やナス料理を愛していってください。

ちょっと一言
ちなみに、秋ナスに関する格言としてこんなものがあります。「秋ナスは嫁に食わすな」。なかなか鬼なこと言ってますね。実はこれは昔の人の優しさからきた言葉なんです。というのも秋なすは体を冷やすから若い女性にはあまり良くないから、などの由来があるそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事