パキラの花言葉

パキラの花言葉は「快活」「勝利」です。

パキラはアオイ科の常緑性の樹木で、観葉植物として人気です。花はつけないので花言葉と呼べるかはわかりませんが、快活、勝利という縁起のよいメッセージを持っています。

パキラは死の象徴・悪魔の手という意味も

パキラの葉は、手を開いたように細長い葉が広がっていますが、葉の先が垂れて下を向きます。パキラの原産国は中南米だと言われていますが、その地域では「悪魔の手」と呼ぶこともあり、死者の上に生えてきた悪魔の手だと思われていたそうです。故に地域のよっては、パキラは死を連想するような忌まわしい植物だと思っている人もいるようです。日本では観葉植物としても定着していますし、風水でも縁起のよいものと使われています。

パキラの育て方 水栽培(ハイドロカルチャー)でも

パキラの育て方 水栽培(ハイドロカルチャー)

パキラは乾燥に強く、害虫もつきにくい育てやすい植物なので、草木を育ててみたいけれど、土の管理が大変そうという方は「水栽培(ハイドロカルチャー)」でも育成できます。最近は100円ショップでもハイドロカルチャーやハイドロボールなどおしゃれで清潔感のある人工土を入手できます。また、100円ショップで簡易植木鉢に入ったパキラの苗(株)を買うこともできるのでかなり身近な観葉植物のひとつだと思います。

観葉植物として人気の「パキラ」の基本情報

手を広げたような葉が特徴的なパキラは、乾燥に強く、丈夫で害虫もつきにくいため、初心者にも育てやすい観葉植物です。木目調のナチュラルな空間や、シックな空間、オフィスなどインテリアとしても相性がよいのでプレゼントにも最適です。また、土でなくてもハイドロカルチャーでも育つ強いパキラは、快活、勝利というポジティブな意味を持つ花言葉とともに身近に置いておき快適で縁起のよい空間作りにも役立ちます。

パキラには、ジャガイモの芽にあることで知られる「ソラニン」という毒素が含まれているため、食べると中毒を起こす可能性があります。ご注意ください。

    1. 和名:パキラ
    2. 英語名:Pachira
    3. 学名:Pachira
    4. 属性:アオイ科・パキラ属
    5. パキラの時期:通年
    6. 誕生花としてのパキラ:10月28日

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事