ライスフラワーの花言葉

ライスフラワーの花言葉は、「豊かな実り」です。ライスフラワーという名前の通り、お米のような可愛らしい花を咲かせます。ライスフラワーはお米の粒のような小ぶりの花をたくさんつけ、花言葉がお米を連想させる「豊かな実り」なのも納得ですね。

日本では切り花として利用されており、ドライフラワーや生花として花屋に並んでいる姿がよく見られます。

ライスフラワーの名前の由来としては、名前の通りライス(お米)に似ている花を沢山つけることから名付けられました。原産地はオーストラリアやクイーンズランドです。

 

花言葉の「豊かな実り」は花言葉難易度としては星2つ「☆☆☆★★」ほどでしょうか?農家や結婚をした若夫婦に贈る贈り物として喜ばれること間違いなしの花ですね。色合いとしては、ピンクや白色で単体ではそれほど華やかな印象を与える花ではないので他の花を引き立たせる役割で花束などでプレゼントするのがいいと思います。

 

末長く豊かな実りを得られるようにプレゼントとして下記のようなドライフラワーの花束で渡すのも粋ですね!

 

ライスフラワーの基本情報

ライスフラワーは、その名前からイネの仲間かと思われがちですが、菊の仲間の花です。

    1. 英語名:Rice Flower
    2. 属性:キク科
    3. 原産地:オーストラリア南東部
    4. 出回り時期:10月〜6月

 

みんなのインスタ by Instagram

Loved Michelle's bouquet #riceflowers #weddingbouquets #flowers

Exclusively Weddingsさん(@lynda_exclusivelyweddings)がシェアした投稿 -

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーは日当たりの良い風通しの良い場所で育てるのが求められる植物です。しかし、夏場のような強すぎる日差しを浴びると枯れてしまう可能性があります。真夏のような強い日差しの時は、日差しが直接当たりすぎない半日陰などで育ててあげてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事