ナデシコ(なでしこ、撫子)の花言葉 純愛・無邪気・純粋な愛・いつも愛して

ナデシコの花言葉は、純愛・無邪気・純粋な愛・いつも愛して

ナデシコ(なでしこ、撫子)の花言葉は、「純愛」「無邪気」「純粋な愛」「いつも愛して」です。

やまとなでしこなど、女性らしいイメージのある花ですよね。

ナデシコの基本情報

  1. 英語名:Dianthus superbus L. var. longicalycinus
  2. 属性:ナデシコ科ナデシコ属
  3. 原産地:日本、他
  4. 出回り時期:6月~8月頃

ナデシコは秋の七草の一つとして日本でもなじみ深い。

世界には300種類のナデシコ科の植物が分布しているが、ヒメハマナデシコとシナノナデシコが日本古来の種。

秋の七草と撫子(ナデシコ)

秋の七草とは

秋の七草の由来は万葉集にあります。学校の教科書でも名前が知られる「山上憶良(やまのうえのおくら)」が詠んだ2首の歌が始まりです。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」

現在、朝貌の花(あさがお)の花については、桔梗が当てられています。春の七草は七草粥で食べますが、秋の七草は季節の美しさを楽しむというものです。

萩(ハギ)

尾花(オバナ ※ススキ)

葛(クズ)

撫子(ナデシコ)

女郎花(オミナエシ)

藤袴(フジバカマ)

桔梗(キキョウ)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事