彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉は、色によって意味合いが異なっています。特定の気持ちを表現したい場合は、白色や黄色の花を活用することもおすすめです。

赤色のヒガンバナの花言葉

赤色のヒガンバナの花言葉は、情熱・独立・再会・諦め・転生・悲しい思い出、です。

白色のヒガンバナの花言葉

色のヒガンバナの花言葉は、思うのはあなたひとり・また会う日を楽しみに、です。

白色のヒガンバナ

黄色のヒガンバナの花言葉

黄色のヒガンバナの花言葉は、追想・深い思いやりの心・悲しい思い出です。

黄色のヒガンバナ

彼岸花(ヒガンバナ)とネリネの違い

ネリネはヒガンバナと似ていると感じる人が多いですが、細かい分類が異なっているので別の植物です。見た目の違いでは、後者のほうがおしべが反り返っており、長く突き出しているという分かりやすい異なる点があることを知っておきましょう。前者は葉と花芽が出てくるのは10月から11月ですが、後者は8月末から9月に花が咲き、その後に葉が出てくることも違っている部分だと言えます。適応できる環境も違っており、後者は日当たりと休眠期に雨に当たらないことが重要ですが、後者は半日陰や休眠期の雨が平気です。

ヒガンバナの別名曼珠沙華、リコリス

ヒガンバナには曼珠沙華やリコリスという別名があります。花言葉に違いがあるのかと思うかもしれませんが、呼び方が違うだけで同じ植物を指しているので、これに変わりはありません。別名の場合も情熱・独立・思うはあなたひとり・深い思いやりの心などをあらわしているので、違いがあるわけではないです。ただし、甘草のLicoriceは同音ですが別の植物なので、甘草の場合は意味が異なってくることを知っておく必要があります。

彼岸花(ヒガンバナ)の基本情報

ヒガンバナの特徴は、日本から中国にかけて広く自生する植物であり、秋の彼岸の期間だけに花を咲かせることだと言えます。赤色や白色、黄色やときにはピンク色の花を観察することができるでしょう。通常の草花と違って花が咲いてから葉っぱが成長する点も、面白いポイントだと言えます。咲く期間や普通の草花と違った成長によって、死や不吉なイメージが強い植物です。そのため、プレゼントとして選ばれることはほとんどありませんが、印象的な赤色から情熱をあらわす植物としても有名だと言えます。

    1. 学名:Lycoris radiata
    2. 英名:Limulus
    3. 属性:ヒガンバナ科ヒガンバナ属
    4. 彼岸花(ヒガンバナ)の開花時期:9月頃

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事