イヌタデの花言葉

イヌタデの花言葉

イヌタデの花言葉は、あなたのために役立ちたいです。

イヌタデの基本情報

イヌタデは、雑草として野原や道端、畑などによく生えているが、美しく趣があるため、絵画などに登場していることもあります。イヌタデは4月~11月にかけて開花します。イヌタデは俳句では秋の季語で、赤飯を想起させる薄紅色の花が咲き「アカノマンマ(赤まんま)」と詠まれます。

    1. 英名:Tufted knotweed
    2. 学名:Persicaria longiseta
    3. 属性:タデ科イヌタデ属
    4. 別名:アカマンマ(赤まんま)
    5. イヌタデの開花時期:6月~11月
    6. 誕生花としてのガマズミ:11月4日

イヌタデの花びらが無く「がく」がきれい

イヌタデの花には花びらが無く、花びらにみえるきれいな部分は「がく」です。がくが5つに裂けており、紅紫色のがくが花びらのように見えます。

イヌタデを食べるには

イヌタデは、赤い小さな果実を赤飯に見立て、アカマンマとも呼ばれますが、実際食べることもできる草です。イヌタデは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、煮物や揚げ物、炒め物、料理に添えるなどの食べ方で食べることができます。また、葉や茎を煎じて解毒剤にも利用されていました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事