キキョウ(桔梗)の花言葉<balloon flower> 紫:気品 白:清楚
スポンサーリンク

キキョウ(桔梗)の花言葉の花言葉

キキョウ(桔梗)の花言葉は花の色によって違います。

紫の桔梗の花言葉は「気品」

花の色が紫の桔梗の花言葉は「気品」です。

白の桔梗の花言葉は「清楚

白の桔梗の花

花の色が白の桔梗の花言葉は「清楚」です。

スポンサーリンク

キキョウ(桔梗)の基本情報

桔梗は、日本でも古くから秋の季節の花として親しまれている花です。しかし、野生するキキョウは数が激減してしまい、現在絶滅危惧種に指定されています。園芸用に栽培された桔梗は夏から秋を中心に出回っています。

    1. 英名:balloon flower(Bellflower)
    2. 学名:Platycodon grandiflorus
    3. 属性:キク属キキョウ科
    4. キキョウ(桔梗)の開花の時期:6月~10月
    5. 誕生花としての桔梗:10月31日

桔梗柄の着物を着る季節は夏~秋

桔梗柄の着物の帯

桔梗の柄が描かれた着物は人気です。桔梗の花の季節は秋ですが、桔梗柄の着物を着る季節としては、暦の上での秋である7月から9月、10月頃まで身に着けられています。

キキョウ(桔梗)は秋の七草のひとつ

桔梗は秋の七草のひとつであり、秋の季語として多くの俳句に詠われています。万葉集の中では、桔梗のことを「朝貌の花(あさがおの花)」として表現されています。

秋の七草とは

秋の七草の由来は万葉集にあります。学校の教科書でも名前が知られる「山上憶良(やまのうえのおくら)」が詠んだ2首の歌が始まりです。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」

現在、朝貌の花(あさがお)の花については、桔梗が当てられています。春の七草は七草粥で食べますが、秋の七草は季節の美しさを楽しむというものです。

萩(ハギ)

尾花(オバナ ※ススキ)

葛(クズ)

撫子(ナデシコ)

女郎花(オミナエシ)

藤袴(フジバカマ)

桔梗(キキョウ)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事